こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

本日はフェイスリフト(頬、頸部)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは50代女性で、頬のタルミを主訴に来院されました。
あご下のたるみもありましたので、頬だけでなく頚部のリフトも行いました。

左:術前、右:術後3ヶ月
矢口フェイスリフト


以前、別のパーツモニター様のShort scar face liftをご紹介しました。
(詳しくはこちら

今回は頚部も含め、耳の後ろまで切開を延ばしたフェイスリフトになります。
広く剥がし、SMASだけでなく、広頚筋も引き上げるのでフェイスラインや首のラインがとてもきれいになります。
まだ傷は赤いので、まだ少しだけ腫れている可能性があります。

ダウンタイムは長くなりますが、やはりフェイスリフトの効果は高くなります。
お休みが長く取れる方はこちらの方法をお勧めします。

頬のたるみの改善を希望の方はどちらのクリニックでも可能ですので、ご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。