makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

下眼瞼下制術(グラマラスライン形成術)

15 10月

眼瞼下垂症手術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさま 術後1週間、術後3ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
 
本日は眼瞼下垂症手術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、 他院で上眼瞼脱脂術、二重埋没法を受けたのですが、二重が狭く、目が小さいのを気にされていました。目を大きくする目的で眼瞼下垂症手術、下眼瞼下制術(グラマラスライン)を選択しました。

上:術前、中:術後1週間、下:術後3ヶ月
眼瞼下垂 下眼瞼下制術後3ヶ月

少し奥目(Deep set eye)ですので、広がりにくいタイプの目です。また少し眼輪筋優位ですので、効果が弱く出る傾向があります。しかしながら無理をすると兎眼(目が閉じれなくなる状態)になりますので、機能的な問題が生じない程度に抑えることが重要です。

目は少しの変化でも印象が変わりやすいです。このモニターさまも目が大きい印象になり、喜んでいただきました。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

31 7月

左右差のある二重切開法(他院修正)・眼瞼下垂症手術・目尻切開術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさま 術後1.5ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で勤務です。
ネックリフト修正、ボトックス、保険診療があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。
 
本日は二重切開法(他院修正)・眼瞼下垂症手術・目尻切開術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、 他院で二重切開を受けたのですが、目が小さく、左右差があるのを気にされていました。目を大きくする目的で眼瞼下垂症手術、目尻切開、下眼瞼下制術(グラマラスライン)を選択しました。

左:術前、右:術後1.5ヶ月
5ヶ月


術前より右の眉毛が左よりさがっており、右の開瞼幅が狭く、右に軽度の眼瞼痙攣が疑われました。上記の手術を行った後に、左右差が残存したため、右だけボツリヌストキシン注射を行い、右の開きが改善されました。
現在、まだ完全には左右差が消えていませんが、腫れの可能性も否定できませんので、様子を見たいと思います。もし二重の左右差が残るようであれば修正を検討したいと思います。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

21 6月

眼瞼下垂症手術、下眼瞼下制術のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
フェイスリフト、ネックリフト、保険診療などがあります。
ご期待に添えるように精一杯頑張ります。

本日は眼瞼下垂症手術、下眼瞼下制術のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは20代女性で、他院で目頭切開、二重全切開、眉毛下切開を受けたようですが、傷跡が目立つ割には眠たそうな印象で二重ラインは浅く不明瞭でした。

目元を大きく見せたいとご希望でしたので、眼瞼下垂と二重全切開をして、下眼瞼下制術(グラマラスライン形成術、垂れ目形成術)と目尻切開を行いました。

左:術前、右:術後1年4ヶ月
眼瞼下垂 下眼瞼下制術

術後経過は良好だと思います。
本人はもっと下眼瞼を下げたいようですが、あまり下げると老けて見えるのでやめた方が良いとお話いたしました。

目元の治療は再手術が難しいところになりますので、最初からしっかりとした技術を持った医師に治療を受けることをおすすめいたします。

目元の治療ご希望の方は是非ご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

11 8月

目頭切開、眼瞼下垂症手術、目尻切開、下眼瞼下制術(グラマラスライン形成術)のパーツモニターさま 目尻アップ写真あり

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療のほか、ミラドライ、ミントリフト、脂肪溶解注射、レーザーがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は目頭切開、眼瞼下垂症手術、目尻切開、下眼瞼下制術(グラマラスライン形成術)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、目が小さいので大きくしたいのとのご希望でした。
一重で、まぶたも厚く、奥目で、下眼瞼も挙上しており、外科医からみると難しいタイプの目でしたが、できるだけ大きくなるように上記手術を提案させていただきました。

本日は術後3.5ヶ月の経過をご紹介します。

左:術前、右:術後3.5ヶ月
目頭切開目尻切開眼瞼下垂下眼瞼下制術


正面視で垂直方向の開き、水平方向の開きともに拡大しています。加えて幅広平行二重と目頭切開で目が艶やかになり、下眼瞼下制術と目尻切開で、つり目の印象が改善しています。

目尻切開は正面視よりも斜めから見たほうが効果が分かりやすいです。
外側の白目が大きくなりましたね。

目の手術をご希望の方はご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

21 2月

下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
二重埋没法、相談多数があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)のパーツモニターさまの経過をご紹介します。

患者さまは20代女性で、つり目で目が小さいのを気にされて来院されました。
下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)を行いました。

上:術前、下:術後1ヶ月
下眼瞼下制術01

少し虹彩と下眼瞼縁が離れて、三白眼ですが、ご本人のご希望でそのようにしています。

下眼瞼縁を切開していますが、傷はほとんどわかりません。 

下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)をご希望の方はぜひご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

6 9月

下眼瞼下制術(垂れ目形成術、グラマラスライン形成術)の戻し修正のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

本日は下眼瞼下制術(垂れ目形成術、グラマラスライン形成術)の戻し修正のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまはつり目が嫌で、前医で垂れ目形成術を受けたのですが、ご家族の反対によって戻したいと訴えて来院されました。簡単に戻せないことをお伝えしたのですが、少しでもいいから戻したいと強く希望されました。

下眼瞼は支持が弱く、下げるのは簡単ですが、上げるは難しい部位になります。

左右対称に戻らないかもしれないこと、満足なレベルまで戻せないかもしれないことを了承頂き手術を行いました。

上:術前、中:術後1ヶ月、下:術後2.5ヶ月
下眼瞼下制術経過002

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)の修正は難しいので、初回手術で適度なレベルに留めておくことが重要です。

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)、またはその修正をご希望の方はご受診下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

6 8月

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)後の修正術のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。

本日は下眼瞼下制術(垂れ目形成術、グラマラスライン形成術)の戻し修正のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまはつり目が嫌で、前医で垂れ目形成術を受けたのですが、ご家族の反対によって戻したいと訴えて来院されました。簡単に戻せないことをお伝えしたのですが、少しでもいいから戻したいと強く希望されました。

下眼瞼は支持が弱く、下げるのは簡単ですが、上げるは難しい部位になります。

左右対称に戻らないかもしれないこと、満足なレベルまで戻せないかもしれないことを了承頂き手術を行いました。

上:術前、下:術後1ヶ月
下眼瞼下制術


術前よりも引き上げることはできましたが、元の状態までは戻りませんでした。

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)の修正は難しいので、初回手術で適度なレベルに留めておくことが重要です。

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)、またはその修正をご希望の方はご受診下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 中国語サイトに私の名前が載っていました(^^) 続き
  • 中国語サイトに私の名前が載っていました(^^) 続き
  • 鼻中隔延長術・隆鼻術(シリコンプロテーゼ)のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • 鼻中隔延長術・隆鼻術(シリコンプロテーゼ)のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、福岡
  • 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、福岡
  • 頭蓋顎顔面先天異常の啓蒙映画「Wonder」、アメリカ
  • 二重切開法・目頭切開・下眼瞼たるみ取り(経結膜ハムラ法)のパーツモニターさま 術後3ヶ月
  • オンライン診療が始まります(^^) CLINICS(クリニクス)
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索