こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳房切断・乳輪乳頭移植などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

本日は乳腺切除の一つである、乳房切断術と乳輪乳頭移植術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性で乳腺切除をご希望されました。
(乳腺切除についてのブログはこちら

乳腺切除を希望される患者さまの多くは乳房はあまり大きくなく、皮膚のたるみもありませんので、乳輪縁切開による皮下乳腺全摘術を行うのですが、中には稀に乳房を圧迫するバンテージを長期間装着されている方には皮膚が伸びて皮膚のたるみが強い方がいらっしゃいます。その場合は乳房を余剰皮膚を含めて切除して、乳輪乳頭を新しい場所に移植する手術を行います。

これを乳房切断術・乳輪乳頭移植術といいます。

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

手術デザイン
乳房切断術 乳輪乳頭移植

左:術前、右:術後3ヶ月
乳房切断 乳輪乳頭移植 術後3ヶ月

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害の乳腺切除術、乳房切断術・乳輪乳頭移植術をご希望の方はお問い合わせください。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。