makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

他院修正

30 10月

鼻の瘢痕修正(美容外科後遺症)のパーツモニターさま 術後8ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

本日は鼻の瘢痕修正(美容外科後遺症)のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは40代女性で外国の患者さまです。
3年前に他院で鼻プロテーゼを受けたようですが、感染を来し、シリコンプロテーゼを抜去したようです。その後鼻の拘縮変形を来し、執刀医に相談したところ、治療できないと断られたようです。

鼻尖部の陥凹瘢痕、鼻孔縁の引き上がり、アップノーズなどの変形がありました。
アップノーズについては鼻中隔延長術などが適応になりますが、軟部組織が変形が目立ちますので、まずは鼻尖部瘢痕修正、鼻孔縁形成術を行いました。

左:術前、右:術後2ヶ月
鼻瘢痕修正 術後8ヶ月

拡大像
鼻瘢痕修正 術後8ヶ月 拡大
 
術後8ヶ月なので、ほぼ完成です。
皮膚の問題が改善しましたので、今後は鼻先を尾側へ下げる鼻中隔延長術などを検討して良いと思います。患者さまが希望すれば行いたいと思います。

鼻の手術は経験が重要になります。
鼻の手術はご相談下さい。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

22 10月

他院シリコンバッグ抜去、ピュアグラフト脂肪注入乳房増大術(豊胸術)のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
経過診察などがあります。

本日は他院乳房シリコンバッグ抜去、ピュアグラフト脂肪注入乳房増大術(豊胸術)のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは50代女性で、15年前に他院でシリコンバッグによる乳房増大術(豊胸術)を受けられました。術後にカプセル拘縮をきたし、乳房が硬くなり、バッグの辺縁が目立ってきているのを気にされていました。今回、シリコンバッグを抜去して、同時にピュアグラフトによる脂肪注入乳房増大術を行うことになりました。

他院シリコンバッグ抜去、ピュアグラフト脂肪注入乳房増大術(豊胸術)
左:術前、右:術後3ヶ月
シリコンバッグ除去 脂肪注入 ピュアグラフト豊胸術 術後3ヶ月

術前はカプセル拘縮、バッグの辺縁が明瞭となり、左右非対称、デコルテの不自然な隆起などがみられます。乳房の大きさはあまり大きくしなくて良いというご希望でしたので、程よい注入量にいたしました。術後は変形が無くなり、柔らかくなだらかな形態となりました。

摘出したシリコンバッグ
他院修正 抜去シリコンバッグ
 
シリコンバッグによるカプセル拘縮は長期的には大なり小なり生じます。
中には上手く行って柔らかいままのケースも有りますが、ほとんどの症例で拘縮が生じるという報告もあり、最終的には抜去を希望される方も多いように思います。

脂肪注入は柔らかく、レントゲンなどにも写りませんので、良い方法だと思います。
石灰化によるマンモグラフィー読影の妨げや脂肪壊死による嚢腫形成などの合併症の報告もありますが、注入方法によるところが非常に大きいと感じています。
当院では注入脂肪の質の改善にピュアグラフト、注入方法に回転式シリンジによる少量精密注入を行っています。

豊胸術(乳房増大術)をご希望の方はぜひご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

19 10月

他院鼻プロテーゼ抜去・鼻骨骨切り術・鼻中隔延長術のパーツモニターさま 術後3ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
カウンセリング、経過診察などがあります。
ご期待に添えるように精一杯頑張ります。

本日は他院鼻プロテーゼ抜去・鼻骨骨切り術・鼻中隔延長術のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは30代女性です。
小学生時に鼻をぶつけて、それ以降鼻の曲がり(斜鼻)を気にされていました。
その後他院で鼻にシリコンプロテーゼを入れたのですが(隆鼻術)プロテーゼに対する不安から抜去して鼻の形を整えたいという希望でした。

そこで鼻プロテーゼ抜去、鼻骨骨切り術を行い、鼻尖も整えるために鼻中隔延長術を行うこととしました。

左:術前、右:術後3ヶ月
他院鼻プロテーゼ抜去・鼻骨骨切り術・鼻中隔延長術 術後3ヶ月

拡大像
他院鼻プロ抜去・鼻骨骨切り術・鼻中隔延長 術後3ヶ月 拡大

術中写真
鼻プロ抜去・鼻骨骨切り術・鼻中隔延長術 術後3ヶ月 術中写真
 
術前はL型プロテーゼの影響で少しアップノーズ、ワシ鼻になっていると思います。
術後は鼻先が下がり、鼻筋が細くまっすぐになりました。
女性らしいスマートな鼻になったと思います。 

鼻中隔延長術を始め、鼻の手術は経験が重要です。
私は鼻中隔延長術を始め、鼻尖縮小、鼻翼縮小、鼻骨骨切り術などたくさん経験していますので、ご希望の方はぜひご相談ください。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

15 10月

眼瞼下垂症手術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさま 術後1週間、術後3ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
 
本日は眼瞼下垂症手術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、 他院で上眼瞼脱脂術、二重埋没法を受けたのですが、二重が狭く、目が小さいのを気にされていました。目を大きくする目的で眼瞼下垂症手術、下眼瞼下制術(グラマラスライン)を選択しました。

上:術前、中:術後1週間、下:術後3ヶ月
眼瞼下垂 下眼瞼下制術後3ヶ月

少し奥目(Deep set eye)ですので、広がりにくいタイプの目です。また少し眼輪筋優位ですので、効果が弱く出る傾向があります。しかしながら無理をすると兎眼(目が閉じれなくなる状態)になりますので、機能的な問題が生じない程度に抑えることが重要です。

目は少しの変化でも印象が変わりやすいです。このモニターさまも目が大きい印象になり、喜んでいただきました。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

31 7月

左右差のある二重切開法(他院修正)・眼瞼下垂症手術・目尻切開術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさま 術後1.5ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で勤務です。
ネックリフト修正、ボトックス、保険診療があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。
 
本日は二重切開法(他院修正)・眼瞼下垂症手術・目尻切開術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、 他院で二重切開を受けたのですが、目が小さく、左右差があるのを気にされていました。目を大きくする目的で眼瞼下垂症手術、目尻切開、下眼瞼下制術(グラマラスライン)を選択しました。

左:術前、右:術後1.5ヶ月
5ヶ月


術前より右の眉毛が左よりさがっており、右の開瞼幅が狭く、右に軽度の眼瞼痙攣が疑われました。上記の手術を行った後に、左右差が残存したため、右だけボツリヌストキシン注射を行い、右の開きが改善されました。
現在、まだ完全には左右差が消えていませんが、腫れの可能性も否定できませんので、様子を見たいと思います。もし二重の左右差が残るようであれば修正を検討したいと思います。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

15 5月

鼻の瘢痕修正(美容外科後遺症)のパーツモニターさま 術後2ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、ミラドライなどがあります。
ご期待にそえるようにがんばります。

本日は鼻の瘢痕修正(美容外科後遺症)のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは40代女性で外国の患者さまです。
3年前に他院で鼻プロテーゼを受けたようですが、感染を来し、シリコンプロテーゼを抜去したようです。その後鼻の拘縮変形を来し、執刀医に相談したところ、治療できないと断られたようです。

鼻尖部の陥凹瘢痕、鼻孔縁の引き上がり、アップノーズなどの変形がありました。
アップノーズについては鼻中隔延長術などが適応になりますが、軟部組織が変形が目立ちますので、まずは鼻尖部瘢痕修正、鼻孔縁形成術を行いました。

左:術前、右:術後2ヶ月
鼻瘢痕修正

術後2ヶ月なので、まだ傷が赤く目立ちます。
手術によって凹凸は改善していますので、色が無くなれば、きれいになると思います。

鼻の手術は経験が重要になります。
鼻の手術はご相談下さい。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 中国語サイトに私の名前が載っていました(^^) 続き
  • 中国語サイトに私の名前が載っていました(^^) 続き
  • 鼻中隔延長術・隆鼻術(シリコンプロテーゼ)のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • 鼻中隔延長術・隆鼻術(シリコンプロテーゼ)のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、福岡
  • 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、福岡
  • 頭蓋顎顔面先天異常の啓蒙映画「Wonder」、アメリカ
  • 二重切開法・目頭切開・下眼瞼たるみ取り(経結膜ハムラ法)のパーツモニターさま 術後3ヶ月
  • オンライン診療が始まります(^^) CLINICS(クリニクス)
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索