こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。
経過診察、カウンセリングなどがあります。がんばります。

本日は鼻柱基部軟骨移植術・鼻翼縮小術のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは20代女性で鼻翼の広がり、鼻のバランスを良くしたいというご希望で来院されました。
拝見すると鼻翼に比べて鼻柱が短く、ACR(鼻翼−鼻柱基部関係)が悪い状態でした。
鼻翼縮小術で鼻翼を少し持ち上げつつ小さくして、鼻柱を伸ばすために鼻柱基部軟骨移植術を選択しました。

左:術前、右:術後3ヶ月
鼻柱軟骨移植 鼻翼縮小術 術後3ヶ月


拡大像
左:術前、右:術後3ヶ月
鼻柱軟骨移植 鼻翼縮小術 術後3ヶ月 拡大

 最小限の傷跡で鼻のバランスを良く出来たと思います。
自然に仕上がって周りからは美容整形と気づかれにくく、本人は コンプレックスが解消され、とても喜んでいただけました。

ACR(鼻翼−鼻柱基部関係)は鼻の美的バランスの基本ですので、しっかりとおさえておきたいポイントです。

鼻の手術は経験が重要です。
私は鼻中隔延長術を始め、鼻尖縮小、鼻翼縮小、鼻骨骨切り術などたくさん経験していますので、ご希望の方はぜひご相談ください。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。